毎日カメラ

カメラと写真について

ソロ ダンス  

 写真とは、視野の拾い撮りなのだろうか。
 それなら、記録であり、
ダンス_ソロ
  M-system 50mm 5.6 M-1 1/60 ネオパン100

   つまらないものだな-.-,
ただカメラの動作に喜びを見つけるだけかもしれません。



コメント

おはようございます。
ま、おっしゃる通りだと思いますが、少し情緒的にいえば…
決して止まることなどないこの世を静止画とする時点で、まずフィクションとすべきだというのが、少なくとも私のスタンスです。
そして「この瞬間、ここにいること」の断章に、カメラとともに対峙する自己満足が私にとって重要なんだと思います。

yy2828yy #- | URL
2016/05/19 07:48 | edit

yy2828yyさん こんばんは。
 カメラとともに、ここにいるというのが良いですね。
 つまらない風景でもファインダを通せば心躍り、、。 まぁ、だれも見ていないソロダンスです。  まさに自己満足となりますね。

harada #- | URL
2016/05/19 21:32 | edit

見たものを記録する、そのためにいつも身につけられる小型軽量で簡単操作、、、だとすると、やはり撮られるものは記録に過ぎないと思うのですが、、、見る方からすると、その視点には人それぞれのパーソナリティーが反映されていると感じます。
撮られたものの美しさや撮る技術の素晴らしさも重要なのですが、いろんな人がそれぞれに写真を撮ることの意味としては、前者の方の重要性は侮れないと思っています。

機材をいじるのはやっぱり楽しいですしね。

M2pict #- | URL
2016/05/20 07:48 | edit

M2pictさん こんばんは。
 見る側のセンスによるというのは、大きいですね。
 撮影者自身はなんにも考えていないのに、見る側は感心するという。
 写真の評価は、見る側の知識と感性で左右するというものかもしれません。
 「見る力」を上げたいものですが、「深読み」になってしまう恐れもありますし、
 その辺で、「テキトーにやってます」というスタンスがいいのでしょうかね。
 
  機材を、、 もっと自慢できるようなカメラが欲しいなー (-_-,

harada #- | URL
2016/05/20 20:11 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jg3ajw.blog.fc2.com/tb.php/687-943fede8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top