毎日カメラ

カメラと写真について

紐の利  

 以前ストラップをどうするかと考えていた時期がありましたが、なんだか普通に「紐」がいいのではないかと思ってきました。もちろんそれは小さなカメラに限っての事ですが。
 ストラップをしていても、実際の撮影では首や肩に食い込む程の時間をぶら下げているわけでもなく、撮影の段にはストラップの存在が邪魔になる事しばしば。
 紐の良さは撮影時に邪魔にならない柔軟さがあり、また、カメラを置いたときにはまったく主張しないたおやかさがあります。
紐を付けたME

 カメラへの取り付けの際には金具などを使わずとも、紐の利とするところの「結ぶ」という方法があります。結び目が若干スマートさに欠けるかもしれませんが、利にかなったやり方ならいいでしょう。
 紐を利用するなら、長さの調節も気軽にやりたいものです。そこで結び目が移動できるやり方で付けてみました。

自分で考えて結んだのですが、後で調べたら既存のロープワークにあるものに近いものでした。既存のものは行程が一巻き多く、結び目がすこしやぼったくなるので小さなカメラには合わない。


電磁石が作動しない  

 OM-2の分断した配線を間違えなく結線しバッテリーチェックランプも点灯。

チェックランプ

オート、マニュアル両方の露出計指針の動きも正常になったのですが、どうも電磁石が作動しません。つまり直っていない。
 まだ、どこかで断線かショートでもしているのでしょうか、またハンダを溶かして分解チェックの日々が続きそうです。


   

絞り連動糸  

絞り連動糸

OM-2のミラーボックス組み込み時に重大な見落としがありました。
 組み込み時と記しましたが、実は取り外し時に避けられない難題のようです。
 
 赤矢印の絞り連動糸が、ボディ側のピンセットの先で示している尖りに擦れるという問題です。
絞り連動糸の問題
 どんなに慎重にやっても必ず擦れる。しかも、この尖りはかなり鋭く尖っており、この丈夫な糸もご覧のような状態。今のところ考えられるのは、保護用のカバーテープでも施す事ぐらいしか思いうかびません。
それにしても、工場での作業はどのようにされていたのでしょうか。

拡大鏡  

 作業用のルーペとなるとけっこうな価格がするものです。苦しい家計事情ゆえ、なかなか買えるものではないので、100円ショップのルーペをアーム式ライトに取り付けたしだいです。
拡大鏡

 これでライト付きルーペ、いや、ルーペ付きライトとなったわけです。
 約2倍という事で、見やすい。
 ただ、、レンズの数カ所部分的にムラがあるのは、100円ゆえ妥協です。

 OM-2のミラーボックス組み込みに重大な見落としがありました。後日お知らせしましょう。

遮光材を施工  

明日から連休です。連休前夜にM-1の遮光材を施工。



 交換しやすいようにボンドや両面テープは使いません。 




たなごころ  

 間もなくシルバーウィーク。撮影無精な自分ですが、なんらかの撮影の機会を得るかもしれません。



 金麦飲みながら掌にM-system。
 写真だの撮影だのと考えているより、こうしている時が一番いいなー。
 たなごころというやつでしょうか。
 

zuiko 135mm F3.5 比較  

zuiko 135mm F3.5は、MとOMを持っているので内部がどれだけ違うか確認してみました。
135mmF3_5比較
 向かって左半分がM-systemで、右がOMです。OMはレンズの先端の縁取りが黒のもの。
 Mはネジと部品が多そうです。中央に置いた後レンズ群のハウジングの形がずいぶん違います。
 画面上の丸トレイに入れたネジはマウント部固定ネジ。かなり長さが違います。
 Mのビスは磁性を帯びたドライバーでくっつかないので、組み直すのに手間がかかります。しかもマイナスだし。


M-system135mmF3.5後レンズ群取り出し  

 そして後レンズの取り出しですが、レンチの調整にもたつき、時間がかかりました。レンチの改良が必要です。
 慎重にしていても一瞬、2分50秒にスリリングなシーンがありますので、心臓の弱い方には毒かもしれません、、。



 とりだした後レンズユニットの解体はちょっと無理なようです。


M-system 135mm 3.5レンズの前群を取り出し  

 M-system 135mm 3.5レンズの前群を取り出してから、さらにそれを分解。分解というよりネジ蓋を開ける感覚。案外するりと開いた。自作レンチの出来が良いからか。


 その後吸盤でレンズを引き抜きます。引き抜くときに負圧がかかります。工作精度というのでしょうか、良くできてますね。


M-system 135mm 3.5 レンズ取り出し  

昨年、3800円で買ったM-system 135mm 3.5のレンズがひどい汚れと傷なので分解清掃しました。
まずは、レンズ前群の取り外しと


LEDライト(led lenser M14)による傷汚れの確認。



 傷に関してはどうにもならないですが、汚れとホコリ除去ができれば気持ちのモヤモヤ感も晴れます。

   YouTubeのアップロードに時間がかかりますので、後レンズ群の取り出しは後日。


SEKONIC AUTO-LEADERの修理、調整  

 長年使っているオートリーダーの調子が悪くなってきた。針の振れが悪い。
 おおよそ電気系統だとは思うので開いて見てみると、やっぱりハンダ付け部の接点不良でした。
 つまりハンダが取れかかっているという事です。しっかりとハンダ付けをやり直し。

 まず、電池の電圧が正常か見ている。それから接点にハンダを乗せてからコードを付けるのですが、肝心の所が手で隠されました。案外、スピーディーにいったのでお見せしたいところでした。
 ハンダ付けの美しさを追求するより、こんもりして不格好でも丈夫に付けたいものです、、不器用ですから、、。
とりあえず半固定の抵抗をアゲアゲの方に調整。明日、太陽下で使ってみてから再度調整となります。

 久しぶりのハンダ付けで思った事、、、スタンド式の拡大鏡がいるようです。


私の にわかスタンドです。  これでは気を抜けません。ある意味での緊張感はありますが。
はんだコテ




レンズマウント部の潤滑について  

 昨夜はレンズマウントの油脂と汚れを拭き取っていくぶん輝きを取り戻したのですが、
M-1マウント部
このままではマズい。
 多少の油分を与えないと金属同士の擦れ合いで削れが発生すると思われます。普通ならグリスを塗布となるのですが、グリスの種類というのは、ネットで見るとわけがわからないぐらいに多種。もちろんカメラ用のもあるようですが、見ているだけで疲れます。
 
 できればプラスチックすら劣化させないソフトなものが良いと思うのですが。前述のようになにがなんやらわからん様子です。それで、、ラードかマーガリンはどうかと思うのですがね。

 ラードに関してはledlenser(ハンデライト)のヘッド可動部の潤滑で良好な結果でした。ゴムのシーリングに金属のハウジングが前後するのですが、新品ではギシギシとぎこちなく、グリスを塗り直す事が良さそうだったので、ゴムの劣化がないよう、ラードを薄ーく塗ったところ夏の暑さも乗り切った所です。冬場が多少固くなるのでしょうが、僅かな塗りなので少しの可動摩擦で柔らかくなると思います。

 レンズマウント部に関してはマーガリンのほうが良いような気がします。根拠はまったくありませんが。

100円ショップの極太綿棒から極細綿棒を作る。  

OM-2の復活を目指すうえで、メカニズムを理解するのは一種の知恵の輪のように、ガチャガチャとやっていればいいのですが、電気系統の復旧となるとそうはいきません。
まず、劣化した電線を交換するという事になりますが、これはハンダを基盤から離し、そして付けるという作業になります。必然と接点の清掃となったりするわけで、そうなると極細の綿棒がいるわけです。
 その前哨戦として極細綿棒の製作をマスターする必要があるのです。

 まずは、作った綿棒でレンズマウントの拭き取り作業という事をして、扱い勝手を試すというものです。


OM-2ミラーボックス組み込み  

OM-2 ボディへのミラーボックス組み込みですが、ボディ側はシャッターチャージの状態で、ミラーボックス側はミラーアップした状態で組み込むという事です。
組み込んだ後はシャッターダイヤルBの位置でリセットになりますから、クイックリターンミラーが下りた状態になります。
 重要な点は緑色の基盤の下の歯車とシャッターダイヤルのラックの位置。
OM-2_1秒の位置
取り外す前に一秒の位置と歯車の位置を記憶しておく必要があります。


 

OM-2シャッター開閉機構  

OM-2のシャッター開閉が、どの部位を動かすと作動するかというのを見てみます。


 画面中央の銅色の巻線が電磁石。これでシャッターの開き時間を調整するという事です。


  

読書  

 早秋ですが、読書には良い気候になりました。
 最新の受賞作品の小説を読もうとは思わない年齢になりました。過去に読んだ、あるいは読んだつもりでいた、つまり忘却の文庫本を掘り出して読むのです。
幻想博物誌
 表紙の絵はスキヤポデス こういった畸形種族も「アダムの子」なのでみな平等とみなされたようです。
 まわりくどくつらつらと綴られた読み物よりも、こういう史実を端的に伝えてくれる読み物は退屈しません。
 西洋などの架空の怪物や、稀な昆虫などについて書かれているのです。

 たとえば、珍しい動物のインドサイのスケッチは化け物に近いもので、その理由は狭い船倉に押し込まれ長旅ゆえ、皮膚病になったサイをスケッチしたものだという事でした。その絵が元となりヨーロッパでの各種の博物誌ではサイとはこんな化け物のようで、不思議な動物として紹介されてきたという事らしいです。

 写真が無かった時代、スケッチとは多大なイメージを与えるものだったようで、ある意味現代の写真より遥かに幻想的思惑に耽るロマンチックなものだったようです。

ME讃美  

ME讃美
 OM-1は使い勝手を考えると「小ささの限界」と言われるのですが、このMEは、あえてその限界を超えた小ささ。
 小さすぎて操作しにくいとのイメージが付いているのですが、べつに巻き上げレバーやレリーズボタンが小さいわけでは無く。すこし肩肘を削りとった形状は手中ではソフトな当たり具合です。
MEとセンチピード
  Zuiko 50mm 1.4 OM-2N オート  kodak200
 露出はオートに徹しているが、補正ダイヤル付き。レリーズロックは、OMにも付けてほしい機構でした。

 フィルムの最終カットに何気なく撮ったものですが、こちらの「別格」に裏方へ、、、の記事を拝読し、私もそのような気持ちであったと気付いたのでした。

事件  

たとえば、これは事件と言ってしまえばそうなるし、うつ伏せでスマホを見ているところと言ってもそのようになる。
事件
 Zuiko 24mm 2.8 OM-2N オート  kodak200

いずれにしても、台風が近づきつつある熱帯夜の一場面。
 写真が語る事は、テレビの台風情報と時間と煩雑な室内ぐらいです。

▲Page top