毎日カメラ

カメラと写真について

越乃松露  

 越乃、、、と
越乃松露_1

銘打たれているやつは裏切らないといいますか、まぁ、おいしい。
 最初の含みは辛口らしくキリッとしている。
 飲み進むと芳醇さを感じる。「水口」とまではいかない丁度良いお酒らしさがいい。
 能書きには
越乃松露_2

 合う料理が記されている。なんでもドンと来い!という感じ。
  しかし、料理を合わす間もなく乾杯、否、乾瓶してしまった。



 

白鶴  

 三ツ星!って?  世界が認めた、、? 
白鶴_山田錦 世界などに認めてもらわんでも、わしらに認めさせてください。
 特別純米酒? 
 銘柄も「山田錦」って? これは米の名前だろー、おい!。 名前を考えるのがめんどくさいのかい?
 正直に言いますが、、、 これなら伏見の上撰のほうが良いですね。

 とよす(話題の市場ではない)のあられ。タイ米使用ですが、美味しいよ。 原料の米がどうのこうのより、、、ですよね。

めんどくさかったら、あしたでもいいけど、、。  

めんどくさかったら、あしたでもいいけど、、。

 頼み事をされて、こちらが了解できるかできないかを考える間もなく、「めんどくさくなかったら、あしたでもいいけど」と即座に付け加える女。すなわち我が妻であります。
 我が妻に限らず多くの人は、人に物事を頼むときに、このような付け加えをするのではないでしょうか。
 おそらく、頼む相手に負担をかけたくないという心情のようですが、実は、「私は我が侭ではないですよ」という擬態である。
 こちらが断れば非人情扱いされ、了解なら、依頼人からすれば追い風に乗った木の葉のように物事が運び、迷惑をかけていないですよと言わんばかりではないですか。
 頼まれる側としてはどうしてもしわ寄せを感じるものなので、「なんとか無理をきいてほしい」と懇願されるほうがすっきりするんだけどね。
 と、、このお酒を飲みながら
薫り華やぐ純米酒
思ったのでした。  
  
 キング醸造(日の出みりんでお馴染みの)お酒。
       「めんどくさくなかったら飲んでみて」

上撰月桂冠とハンダゴテ ブラ下げました  

上撰月桂冠  2リットルパック、、、
月桂冠2リットルパック

あぁ、ただの酒のみ野郎になった感じ。
 少し甘めですが、低温だとけっこうフルーティーなんです。

 そんな事より、右上のハンダコテ。  

ぶら下げているんです。 コンセント元にはオンオフスイッチ付きのアダプタを付けてますから、熱しすぎる事も無く、効率良く使えるのです。
 蛍光灯スタンドとハンダゴテ
 蛍光灯スタンドを利用してハンダゴテをぶら下げている。
  100均のスイッチ付きコンセントアダプタは逸品かと思います。

季節限定 白鹿  

 「季節限定しぼりたて」に弱いな。
白鹿_しぼりたて

一升瓶で1,398円。家呑みで、しばらく楽しめるかと思って買ったのですが、帰宅後すぐに、もうこんなに減ってしまった。
 
 とにかく「甘い」 甘口であります。糖類添付ではないか?という程の甘さ。しかし変な味ではないし、まぁ、清涼飲料というか。自身はあて無しでやっていますが、強いて言うなら肴は「しぼりたて」という文字か。
 甘さを中和するのに、少し塩辛いものでも食べながらというのがいいかもしれない。

 しかし、家での一人呑みは酔わないね。嫁は飲まないし、、、ちっともおもしろないわ。

▲Page top