毎日カメラ

カメラと写真について

光漏れ  

 OM-2の復活を目指しましたが気力の限界もあり、中断。まぁそれより知識の無さと申しますか。
 まったく諦めたわけではなく、おいおい暗中模索ながら手を入れていこうとは思っています。

 中断の理由として、もうひとつ課題があるからです。それはOM-1の

OM-1シャッター幕
    向こう側からLEDライトで照らし、光漏れを確認。

 ごらんの通りの状況です。
 
 酷使したつもりはないのですが、どういうわけか幕の一部がすり減り薄くなって光線漏れ甚だしい状況です。黒マジックで塗りつぶすわけにもいかず、シャッター幕の交換となると思うのです。

 この修理に早く着手したいというのが理由です。


立体感と浮き上がり  

昨日はom4tiさんに「立体感と浮き上がり」ということを記していただきましたので、他にないかと探しておりました。
やはり、背景とのコントラストの影響が大きいような気がします。そしてエッジの切れ。
かいせい_旭町の公園にて
     zuiko135mm 3.5  OM-1 ネオパン100
 レンズ、フィルムともにコントラストと諧調のバランスが良い事と、光の具合が良いならトップライトでも平面的にならずに、立体感を出す事ができるような気がします。
OM-1と135mm_2015_4

  zuiko135mm 3.5はそんなレンズであると思うのですが、暗いゆえ信者がいないのは残念です。

 

OM-1 VS ME   

 昼休みに弁当を食べながら会社の女の子に、この2台を見てもらって感想を聞いた。
OM-1とME
    MEの容姿は嫌みが無く万人受けするものかもしれません。根底に誰でも見た事があるSPなどの時代の容姿から変わっていない意匠を通しているからか。 SP,SV

 第一印象は、両肩、いわゆる軍艦部に並ぶ部品類が整然としていてOM-1のほうが均整があるという事。
セルフタイマレバーはMEのほうがいいのでは?と。頭の三角はOM-1はとんがりすぎですかねー。角の無いMEのほうが持ちやすいです!という事でした。受けが良いのはMEのようです。
 その後、ファインダー両脇のビスが有る無しや、巻き戻しクランクの大きさ等を説明しましたが、「そんな事考えて楽しんでるんですねー」と微笑まれたのでした。


OM-1 ファインダー 仕様  

OM1仕様

 OM-1の使用説明書に「おもな仕様」のページがありましたので、スキャナーで取り込んでみました。
ファインダーの所には、「ペンタプリズム式広視野ファインダー」とある。わざわざ「広視野」と書いてあります。
 ファインダー倍率は∞のとき0.92倍となってますね。

 ミラーの項目では「大型クイックリターンミラー」とわざわざ「大型」となってます。小型があったのでしょうか?おもしろいところです。

 当時はこんな説明書なんかどうでもよかったのですが、今見ると昔の教科書を見るようでおもしろいです。

OM-1 およびM-1作動音  

OM-1シャッター



新もの順でのサウンドの違い
1番目はOM-1 1075183 2番目、OM-1 305041 最後はM-1 145886。
 シャッター速度1/15
 装着レンズはMシステム50mm 1.8 を 16まで絞った状態です。
新しい程、甲高いサウンドです。 M-1は温もりがある響きのような気がしますね。

▲Page top