毎日カメラ

カメラと写真について

春眠  

 私は寒さに弱いので冬眠のようにカメラ、写真から離脱していましたが、4月になってから初夏の兆し。と言っても、やはり「春」。冬眠から春眠という具合になっています。
 自身の活動ができないので、せめてネットで他者の活動を拝見したいものですが、今どきこんなカメラを見せびらかしている方など居られるわけもなく、
2018_4月_M_1

手元のM-1を眺めるばかり、、、。  

読書台  

100円ショップにあったタブレットスタンドは、

タブレットスタンド

目測で、単行本を置くのに丁度良い感じがしたので買ってみた。

読書台

なかなか良い感じです。

これで読書ノート、いえ、そんな立派なものでもないですが、簡単なメモもしやすくなる。
 なにより本を手で持たず、寝っころびながらでも読めるのがうれしいな。




啓蟄 ぼちぼちカメラを、、  

今朝、自室のほぼ中央に大きな蜘蛛がじっとしていた。寝ぼけているのか近寄っても警戒心が無い。ふっと一息かけると目をさましたように部屋の隅に逃走。後で鴨居の中にでも隠れるつもりだろう。
     
M-1とレンズ2本

  ようやく  虫が動き出しました。


うんこら  

今シーズン、初の非金属チエーン。  

 この冬は雪が多いと見込んで非金属チェーンを準備していた。
  金属チェーンよりは振動は少ないが、鋲が路面をたたく音がけっこう激しい。
 スタッドレスタイヤを付けていればなんともないのだが、チェーンというオプションが好きなのだ。どこが好きかというと脱着の作業。

 このごろは、ほとんど見ないチェーン装着車。自分ぐらいかと思っていたのだが、今日は前車がチェーンを付けていた。
 後輪駆動だから後輪に付けている。自分も過去はFR車でスキーに行っていたので後輪に付けていた。前へ進むが、舵が効かない。後輪の1本を対角前輪に付けて舵を効かせて辛辛帰った。後にチェーンを買い足し、四輪ともに付けて走っていた。振動はきつかったが。

 後輪駆動は凍った路面で曲がれないという経験をしているので、

 
 前車の気持ちが良くわかる。
 左に寄せながらとぼとぼと申し訳無さそうに進む前車を已む無く追い越す。


▲Page top