毎日カメラ

カメラと写真について

今夏の工作  

今回の夏休みの工作、メカニズムを手伝いました。



ゴムベルトドライブで横軸の回転を縦軸に伝える簡単な構造だ。



雨の日 ドライブレコーダー  

雨の日は、なんとなくドラマチックになるもんですね。


家庭用のビデオカメラをドライブレコーダとして  

家庭用のビデオカメラをドライブレコーダとして使うには、写角が足りない。ワイドレンズを調達したいところですが、そんなお金があるなら格安のドライブレコーダを買ったらいいですね。

 100円均の店でスマホ用の魚眼とワイドレンズを買ってきました。 取り付けには少しの加工が必要。

スマホ用魚眼とワイドレンズ
   スマホ用ワイドレンズを取り付けたビデオカメラ 手前は魚眼

 ビデオカメラの対物レンズの直前に付けるわけですから、いくらか画像はケラレますが、なんとかフロントガラスいっぱい、実際の目視界ぐらいは確保しているようです。

 魚眼もワイドも写角は同じくらい。レンズが大きいワイドのほうが画像も大きく分があるようです。


WIT 1/4   

 ドライブレコーダーとして手持ちのビデオカメラを車載するとき、ビデオカメラに装備されてる三脚取り付けネジ穴を利用するのですが、そのネジ規格に困ってしまった。見た感じはM規格の6という、ありふれた感じなんだが、実際ねじ込んでみると一周も回らない。ピッチが違うようです。
 
 過去に100均で買っていたカメラ用の小さな三脚に付いていたネジを持ってホームセンターに行き、ネジ見本ボードにてメスネジに 差し込み、差し込み。
 M規格の6はやっぱりダメで、同じような径のWIT 1/4という穴 否、メスネジにハマった。

 カメラの三脚用ネジは WIT 1/4 という規格のネジになるようです。

 しかしどういうわけか、この店にはサンプルはあったのですが、現物がなかった。 なんで?

 気をとりなおし、次のホームセンターへ行くとあったのですが、どうも品数が少なく、単品売りは無く、オスだけ欲しいのに、この写真のセット
wit1_4.jpg

としてしか売っていませんでした。ネジの長さも3種しか、、これが一番短いやつで。

 WITとは、どうやらインチ表示らしく、国内ではあまり使われないようで。メートル法のM規格が汎用なようです。

 しかし、カメラの三脚用ネジなんて、汎用されているM規格では無いなんて意外な事ではないか? 


 園部高校の写真部が、廃校になった小学校で作品を展示しているというので

写真展01

見に行った。

https://natsu-sora.localinfo.jp/pages/1075311/page_201706191420

 今や、高校に写真部があるなんて希な事だし、別会場での展示という力の入れよう。しかも場所が廃校であるというところがいいではないか。
 下調べによると、全国高校文化祭に京都代表として

写真展02

出典するという。

 かの文化祭は、30年程前に自身も京都代表として出典している。その時の招待写真家は植田正二氏だった。
 私は当時、植田正二という大先生を知らず、、、少しだけ会話を交わしたのだが、そんな大家が、たかが高校の写真評をするとは思っておらず、まったく感動の無いまま自身の写真の説明をするのみであったのであります。
 
 植田正二という写真家は当時、当たり前にカメラ毎日や月刊カメラマンにも、お名前は上がっていたはずですが、「写真家」に興味の無かった自身にはご本人を前にしても感動しようがないものでした。 まったく無知な自身に残念です。

 話しを戻しますが、園部高校の写真部の写真展は、廃校された府立吉富小学校がモチーフで。
 まぁ特筆するところは無い。素直すぎるというか、良くいえば達観している。 
 十代の若い冒険心を感じるような危うい表現は、今の時代に合わないのだろうか。若い時代の写真にそんなところを期待するのだけど。

 その場所で自身も、自身を表現

写真展03

してみた。

▲Page top