FC2ブログ

毎日カメラ

カメラと写真について

マリオカート買いました  



マリオカート買いました
けっこうアグレッシブな走りができます

https://youtu.be/xa0O1sUuYxM

石油ストーブ  

寒い日の楽しみのひとつはこの石油ストーブ。
パイレックスに安酒を入れたら、いつでもアツカン。
アミ上では何でも温められる。石油ストーブ

辛口だが、淡麗ではないような。  

 新潟の淡麗酒ですが、越乃某のような水の如しさとはちょっと違う、後味の余韻が、私にはしつこく残る。
 すこし癖のあるというか、濃いめの味わいは、なんらかの食事をとりながら飲むと良しという印象であります。
 
菊水の辛口

 まぁ、私は食やつまみを摂らないで飲む方なので、上記のような感想でありますが、、、。

XR500とリケノン50/2  

リケノン50_1

 このカメラとレンズ。一眼レフカメラ普及の牽引機関車であった事だという事は間違いない。
 その証拠の一つとして、今なお中古良品が出回っている玉数の多さ。
 
 往時、本機の省かれた性能に安っぽく、使えないというレッテルを付けていたが、今となってはその、最低限の必要性を備えた美を感じずにはいられない、 という、なんだか極貧の美学といいますか。 まぁ、往時から、かのドイツ製レンズに匹敵するような描写であり うんぬん、、と 今どきで言うならジャイアントキリングとでも言えそうな触れ込みも本レンズに箔を付けているような感じであります。 開放で 2 ですからね、無理のない設計で良好な画像を得られるんでしょう、と思いますが、、。

 名を刻んだカメラとレンズであった事は事実。 ハゲ、錆著しい金属カメラよりもアンチエイジングなプラボディが若さを保っているようです。  
  否、レンズボデイは金属のようです。これは嫌味なく、主張しない良品。
リケノン50-2

 

コロナ解除? された感じ  

 非常事態が解除されたかな?

konikaC35FD_首かけ
  Konika C35 FD イエローフィルター仕様

  マスク無しで歩きたいもんだわ。


母の日  

今日、宅配便で送られてきたカーネーション。

母の日
 撮影:Galaxy A30

 娘が手配してたものらしい。
 コロナのせいでバイトに行っていないから心配だが、
   いくらした?と 野暮なことは尋ねないことにした。

ついでに、、
このスマホ A30。格安ながら写真を画面いっぱいに映し出してっくれる。しかも有機ELであるということで、鮮やかであります。なかなかいいですねー。
A30のディスプレイ
Galaxy A30の表示の具合



スマホデビュー しました  

長男の高校進学を期に、アイホン(10)を与えたのである。そのついでに自身もスマホを持つ事にした。
ショップで、、自分のは、いちばん安いやつでいいわーとのたまった結果、このアンドロイドのA30というやつになった。 しかも「赤」。在庫がこれしかないということでした。
 まぁ、しかし。けっこうビビットで良い感じではあります



Macintoshユーザーなら、当然アイホンを、というところでありますが、スマホ自体にまったく魅力をもたない自身でありますから、格安のアンドロイドで、通信できたら良しという感覚でありましたが、実際に手にするとなかなか可愛い存在であります。Galaxyとありますから韓国製品なのかな。なかなか良い製品作るじゃないですか。もう、こういう類いは日本製は無いのですね。
 ディスプレイは有機ELということで、野外での視認性の良さを期待したが、やはり最高輝度の設定でないと見えづらい。電池の持ち時間はこれで激減するよね。
 日常使いでは、最低の輝度で運用しているので、一充電で6日間機能するのはいいところです。
 まぁ、通信相手も少ないので使用頻度も低いからですが、、、

白黒  

発売当時はオート専用、シロウト向け格安お手軽カメラの位置づけという感じで、魅力薄のカメラ。
ME_白黒
 PENTAX ME  白のワインダーは秒間1.5コマ 黒のワインダーは秒間2コマ

今見ると、潔く素直にかっこいい筐体。冷ややかな金属ボディはOM-10を突き放す。


銀の美  

黒が主流の昨今、
美しさを問うなら、やっぱりカメラはシルバーがいい。
シルバーのM-1とOM-1
 左、M-1    右、OM-1

OMのこの時代、黒ボディはシルバーボディの4,000円高だった。当時は黒が引き締まった精悍さがあり憧れでありましたが、今、このシルバーの輝きが夢中にさせますなー。


安酒探訪  

右の、どピンクの一升瓶は950円。これぐらいの価格帯のものはけっこう品数がりますね。
でも、たいがい糖類、酸味料入りなんですが、この どピンクにはそれがない。
糖類、酸味料不使用は、この価格では月桂冠「月」を気に入っていたのですが、それを越える爽やかな飲み口。
さすが新潟の辛口。すでに一升瓶2本目を買いました。
 食べものと合うとか合わんとか、そんな事は評価にならない。
 食中酒は剣菱のみと決めている。それが男であります。 
こういう安酒はいかに、お酒だけで飲み飽きないかが重要。 この越後桜はいいです。
   、、、ただ、この どピンクラベル、なんとかならんかな?
越後桜

 それで、同銘柄の大吟醸に期待をしたわけです。磨き50が自慢の逸品で流行のワイングラスで美味しいやつらしいです。
 なんというか、女性向きなんだろうな。甘いねー。コップ2杯からは進まななー。  自分がおっさんだからかなー?

▲Page top